警察官たちの過酷な労働環境 「超過勤務100時間は普通」「何かあるとすぐに呼び出される」

「将来なりたい職業ランキング」などで上位に食い込むことも多い公務員。昨年4月にソニー生命株式会社が行なった中学生・高校生の男女別に行ったアンケート調査の発表では、10%以上が公務員を挙げトップ10にランクイン。高校生・女子では18%で1位に輝いている。

ひと口に公務員といっても外交官や消防士、教師など様々だが、当記事ではキャリコネに寄せられた口コミから、警視庁の労働環境を紹介する。

首都・東京の治安維持や、東京内で起きた事件の捜査や犯罪者の逮捕などを担う警視庁。交通違反の取り締まりを行う交通部、殺人・盗難といった犯罪の取締りを行う刑事部など、東京都公安委員会と警視総監をトップに10余りの部門から成り立っており、各部門に配属された警察官たちがそれぞれの任務に当たっている。

テレビ番組や映画・ドラマの題材にもされやすいが、”給料”や”出世”などリアルな職場として警視庁の実状とは、果たしてどのようなものなのか。(※参照元 キャリコネ「警視庁」口コミ)

「”勤務時間”という概念がそもそもない」