残業40~50時間でもホワイト企業ってどうなの!? 真のホワイトは残業ゼロが当然では

社員に過酷な労働を強いるブラック企業の対義語として生まれた”ホワイト企業”。転職活動の際、多くの人が長く安定して働けるような企業を求める一方で、その判断基準は難しい。一般的には “ブラック企業”でも、そこで働く人たちが「ブラックだ」と感じていなければ「ホワイト企業」になってしまうからだ。

そこで今回は「キャリコネ」に「ホワイト企業」として投稿された口コミが、客観的に見て本当にホワイト企業か否かを判断していきたい。ぜひ自身の会社と比べながら読み進めて欲しい。(※参照元 キャリコネ「ホワイト」)

「残業はありますが、他業種と比べればまだまし」でもホワイト?