一人暮らしの3人に1人「病気のときや落ち込んだときに孤独感じる」 将来の夢は「幸せになる」

全国宅地建物取引業協会連合会と全国宅地建物取引業保証協会は3月19日、「一人暮らしに関する意識調査結果報告2018」を発表した。調査は今年1月にインターネットで実施し、18歳以上の男女2800人から回答を得た。

一人暮らしをしている1374人に”自由さ”について聞くと「とにかく自由きままなところがいい」が60.3%で、ついで「自由だけど、自分で考えて行動する力が身につくところがいい」(20.2%)が続く。

“孤独”については「ほとんど感じることがない」が42.7%。「特に病気や体調が悪いとき、落ち込んだときに孤独を感じる」(35.5%)という人も同じくらいいるが、一人暮らしをする人は比較的自由を謳歌していることがわかった。

5人に1人は家族と1年に1回も合わない