セルフレジ設置でスーパーのイメージ「良くなった」4割 「自分のペースで会計できる」など好評

ここ数年、スーパーなどでセルフレジをよく見かけるようになった。買い物の度に利用している人も多いのではないだろうか。

インテージは3月28日、セルフレジに関する調査を発表した。調査は16歳~69歳までの男女2305人が回答。9割以上がセルフレジを「知っている」と答え、全体の7割は「利用したことがある」など、認知率・普及率ともに高いことが分かった。

なお、今回の調査ではセルフレジを「商品のスキャン、会計をすべて買い物客自身で行うレジ」と定義し、商品のスキャンをレジ係が行い、精算のみ買い物客が行うレジは対象外としている。

利用客からは「店員がいる方が活気があった」と否定的な声も