「美味しい店の知識を披露し合う人を見るのが苦手」そこまで興味のないことを、延々と話されるのは辛い

世間には美味しい料理を提供してくれるお店が山のようにある。誰もが知る名店もあれば、ときには知る人ぞ知る隠れ家的な店だってある。

たまに、そういったお店の知識が豊富な人に出会うと「ああ、食通なのかな」と思う。でも、「すごいな」とは思わない。美味しい料理は好きだけど、そんな話をしたところでお腹は膨れないし。(文:松本ミゾレ)

「食通度合いでマウンティング取り合ってるのかな?」