「今年月給が上がった人」は46% でも「仕事意欲は上がらない」人多数「元の給与が低い」「手取りはわずかしか増えない」

エン・ジャパンは7月18日、月給に関する調査結果を発表した。調査は、同社が運営する「エン転職」のユーザーを対象として実施。8349人から回答を得た。

「今年になって月給が上がったか」聞くと、46%が「上がった」と答えた。上がった理由として最も多かったのは「定期昇給」(60%)で、次いで「ベースアップ」(23%)、3位は「昇格・昇進」(19%)だった。増加額は「1001~3000円」(29%)が最も多く、次いで「3001~5000円」(20%)だった。ベースアップで月給が上がった人は、数にして884人、回答者全体の11%に当たる。

「仕事量が多すぎて給料に見合っていない」