2019年卒向け採用サイト好感度ランキング1位は三井物産「オフィスの様子をストリートビューのように見ること出来て好印象」

就活生にとって、採用ホームページの情報量と質は、企業イメージや志望度を左右する要素になる。では、学生の好感度が高い採用サイトとはどういうものなのだろうか。

ディスコは8月9日、「就職活動中に閲覧した採用ホームページ」に関する調査結果を発表した。 調査は今年3月、6月、7月に、同社の運営する「キャリタス就活2019」学生モニター向けに、インターネットで実施。計3550人から回答を得た。

業界研究を始めた時期を聞くと、1月(73.8%)、2月(86.2%)から徐々に増加。3月には97.1%に達している。志望企業の研究を始めた時期は、1月(35.1%)、2月(50.8%)と増加し、3月には80.4%だった。

業界研究と並行して個別の企業についても調べ、3月には大半の学生が企業研究を行っている様子がうかがえる。学生の動向に合わせたのか、2月までに採用ホームページを公開した企業は44.5%と約半数に上る。3月には97.6%が開設済みだった。

文系は金融、理系はメーカーの採用ホームページが人気