トイレから戻るときは「ドアを開けてもらい、所属と名前フルネームを言う」コールセンターを1日で辞めた女性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

トイレから戻るときは「ドアを開けてもらい、所属と名前フルネームを言う」コールセンターを1日で辞めた女性

画像イメージ

画像イメージ

職場のトイレ事情がどうしても耐えられない場合、働き続けることは難しい。コールセンターの仕事をしていた60代前半の女性(東京都/その他/パート・アルバイト/年収100万円)は

「あんな不快な思いをしたのは初めてです」

と、たった1日で退職を決意した職場を振り返った。(文:永本かおり)

「トイレってコントロールできるものではないのに」

女性が我慢できなかった点は、トイレ事情によるものだ。その職場では

「トイレに行くのは断れば行けるが、戻る時には呼び出してドアを開けてもらい、所属と名前フルネームを言う」

という面倒な決まりがあった。

「しかも開けてくれる人が、人によるんですけどメチャ高圧的でけんか腰に言う人がいて一日居てイヤになりました」

けんか腰で何を言われるかは不明だが、何であれトイレに行く度こんな試練が待っているようではきゅうくつだ。

「トイレってコントロールできるものではないのに、あんな不快な思いをしたのは初めてです。辞めて良かったです」

と早急に見切りを付けたことを書いていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ