虚言癖がある人に困惑!今まで聞いた嘘の数々 「大物政治家に顔が利く」「不治の病になったという設定」

嘘つきは泥棒の始まりだと言う。実際に嘘をついた人間がみんな泥棒になるわけではないが、人の信用を損ねる行為であるので、社会的な地位も名誉も失われることには違いない。

いつだったか、港区キラキラ女子を装っていた人が詐欺で捕まっていたが、あれなどはまさに、嘘つきが本当に泥棒になった具体的一例だろう。

世間には嘘つきは存外に多い。中には嘘の常習者というか、嘘をつかずにはいられない、いわゆる虚言癖の人もいる。こういう人間に関わると、思わぬ飛び火で火傷をしてしまうこともあるから困り者だ。(文:松本ミゾレ)

職場で「バツイチ」の嘘を流される被害 周囲も長らく信じていた