就活ルール廃止をどう捉える?企業の約半数が「わからない」と回答 採用への影響は依然として不透明

就活ルール廃止をどう捉える?

就活ルール廃止をどう捉える?

帝国データバンクは12月10日「”就活ルール”に関する企業の意識調査」の結果を発表した。調査は、今年9月13日~30日の間、全国にある2万3101社を対象に実施。そのうち9746社から回答を得た。

廃止の賛否を企業に質問したところ、「わからない」が52.0%で最も多かった。その理由には、

「ルールは形骸化しているので必要性を感じないが、無くなると予算が多い大企業が圧倒的有利になるのは否めない」(ソフト受託開発 群馬県)

という声が出ていた。一方で、「賛成」(23.5%)と「反対」(24.5%)はともに約2割と、ほとんど差がない。

「中小企業はある一定のルールがないと戸惑い、新卒学生を容易に集められない」