【実録】ブラックすぎるサービス業の働き方「1日17時間労働で残業代なし」「振休を消滅させられた」「パートなのに30時間労働」

【実録】ブラックすぎるサービス業の働き方

【実録】ブラックすぎるサービス業の働き方

飲食や小売など接客業での人手不足が深刻だ。帝国データバンクが今年11月に発表した調査でわかった。キャリコネニュースの読者から寄せられたアンケートでもその様子は一目瞭然だ。集まった声の中から、サービス業のブラックぶりを紹介したい。

30代女性は自身の職場環境を次のように明かす。

「正社員から次々に退職する。過労で倒れて退職した社員もいた。深夜勤務をしてその後すぐに日中勤務」

人手不足の状態で業務を回そうとするあまり、既存の従業員に過剰な負荷がかかっている。「パートでも30時間労働した人もいた」という状況にまで達したこともあるという。

「タイムカード退勤押印後、『お客様対応』で延々と働かされる。タダで!」