平成最後の空気を缶詰に「平成の空気缶」発売 採取場所は岐阜県・日本平成村の元号橋付近

平成を末永く閉じ込められる缶詰。

平成を末永く閉じ込められる缶詰。

企業のオリジナルグッズ作成やブランディングを行うヘソプロダクションは4月18日、空気を詰めた缶詰「平成の空気缶」の製作・販売を発表した。22日に、平成の元号発表と共に脚光を浴びた岐阜県関市平成(へなり)地区、日本平成村で採取する。

採取場所は、昭和から平成の改元を記念して造成された「元号橋」付近。缶詰は、採取した「平成最後の空気」と、令和時代でも良いご縁があるよう祈りを込めた「平成の五円玉」を密封した状態で販売される。

「この取り組みが日本平成村の『令和』に向けた新たな『空気づくり』になりますように」