日本で働く外国人が感じたギャップ「マナーが厳しい」「時間に厳しい」「上下関係に厳しい」

日本で働く外国人が感じたギャップ

日本で働く外国人が感じたギャップ

マイナビは4月24日、「在日外国人へのアルバイト意識」の調査結果を発表した。調査は今年3~4月にネット上で実施。日本でアルバイト経験のある15歳以上の在日外国人294人から回答を得た。

日本で働いてみて感じた母国とのギャップを聞くと、上位3つは「挨拶・マナーが厳しい」(39.1%)、「時間に厳しい」(36.1%)、「上下関係が厳しい」(34.7%)となり、礼儀作法に関する回答が目立った。母国とは違う、日本人の真面目な国民性や日本独特の文化を現場で感じていることがうかがえる。

「日本語での履歴書の準備が大変」「求められる日本語レベルが高すぎる」