社会人の6割が「新卒1年目で辞めたいと思った」 理由は「上司・同僚とうまくいかなかった」「給料が低い」

社会人の6割が「新卒1年目で辞めたいと思った」

社会人の6割が「新卒1年目で辞めたいと思った」

アックスコンサルティングは5月31日、「新卒1年目の仕事の意識調査」に関する調査結果を発表した。調査は今年5月にネット上で実施し、20~60代の男女515人から回答を得た。

新卒1年目で「仕事を辞めたい」と思ったことがある人は64.1%。年代別にみると、20代(77.7%)が最も高く、「30代」(76%)、「40代」(66%)、「50代」(55.8%)、「60代」(41.3%)となった。年代が下がるにつれ、1年目で辞めたいという人が増える傾向がある。

同社は、50~60代が新入社員だった頃は終身雇用が一般的だったが、現在「生涯一企業に勤め続けられる保証はない」という考え方が広まっていることを指摘。さらに「辞めても転職すればいい」という思想が一般化されていることがうかがえるとコメントしている。

辞めたいと思っても3割は「転職しなかった」