家族経営の会社でウンザリしたエピソード「家族愛から脱税と横領」「従業員は社畜」

家族経営の会社でウンザリしたエピソード

家族経営の会社でウンザリしたエピソード

家族経営では身内が優先され、「赤の他人」である従業員の扱いは酷いことがある。キャリコネニュース読者からも「家族経営企業では二度と働かない!」という不満が寄せられている。

技術職の40代男性の元勤務先では、家族ぐるみで横領や脱税を繰り返していた。

「行き過ぎた家族愛から、横領を続けていたようです。脱税もみんなで見て見ぬふりでした。私はすでに退職していますが、いまもやっていると思いますね」

また、専務は社内で不倫をしており、職場の風紀は完全に乱れていた。

息子が社長になり、「ヲタクで事務経験の無い、大人しく若い女性」のみの採用に