「管理職は有休を取って出社する」上辺だけの働き方改革に弄ばれる人々

上辺だけの働き方改革に弄ばれる人

上辺だけの働き方改革に弄ばれる人

働き方改革の一環として、今年4月から大企業を対象に残業規制がスタートした。労働時間が短縮するのは良いことだが、対応に追われた現場は混乱し、「改革前の方がよかった」という声も挙がっている。

「仕事量が変わらないのに残業を減らすことがおかしい。そもそも残業ありきの賃金、仕事量がおかしい。週40時間はどこいった?従業員のことを使い捨ての駒だと思っていないか?」(20代男性、技術職)
「IT化が遅れているのに働き方改革の指針だけが先行し、できない理由や改善策は個人に丸投げで逆に仕事が増えている」(40代男性、管理・事務職)
「業務内容は増えているのに残業や早出を減らすよう言われ、必要な業務の手抜きをしなくてはいけなくっている」(40代女性、技術職)

このようにキャリコネニュース読者からは続々と不満が寄せられている。ほかのエピソードもご紹介する。

「残業で生活費を補っていた人、もっと働いて稼ぎたい人にはただの足枷にしかならない」