天下りで被害!受け入れ先企業の現実「要職は天下りで埋まる」「親会社から来た人達は赤字なのに良い給料」

天下り受け入れ先企業の現実

天下り受け入れ先企業の現実

しばしばニュースで取り上げられる「天下り」。官僚が退職後に、所管する外郭団体や関連する民間企業の要職に就職斡旋を受けることを指す。民間企業の親会社の上位幹部が、子会社の要職に就く際にも天下りと言われる。

企業口コミサイト「キャリコネ」には、天下りの受け入れ先企業で働く人の声が寄せられている。【参照元:キャリコネ】

「管理職に進む機会はないに等しい」「部長、本部長、経営層は全て天下り」