京王線”窓ガラス破損”で遅延、原因は満員電車? 広報は「外的要因」と説明

写真はイメージ画像

写真はイメージ画像

京王線笹塚駅で10月15日朝7時ごろ、窓ガラス破損のため上下線に10~20分の遅れが出た。ツイッターでは「窓ガラス割れたから遅延って…」など驚く声も相次いでいる。中には「乗客の圧力で窓ガラス破損したのでは」という声も出ていたが、実際どうなのか。

京王電鉄広報担当者は「ガラスの割れ方から、外から割れたものとみられます。詳細は調査中ですが、外的要因があったのではと考えています」と話す。窓ガラス破損によるケガ人はなし。当該電車は各駅停車高尾山口行きの下り電車。上り電車に比べ混雑率はかなり低いと見られる。

最近では東急田園都市線やJR東海道線でも破損