小島慶子、「専業主婦のモヤモヤ」に「働く女性と、どっちが正しいかみたいな話になるのは不毛」とコメント

「働く女性と専業主婦、どちらが正しいかを話すのは不毛」と小島さん

「働く女性と専業主婦、どちらが正しいかを話すのは不毛」と小島さん

専業主婦であることに、うしろめたさを感じる人は少なくないようです。現在、共働き世帯は約1200万世帯、専業主婦世帯は約600万世帯と、この40年ほどで多数派が逆転しています。

10月30日放送の「あさイチ」(NHK総合)では、「専業主婦のモヤモヤ」を特集。会う人ごとに「なんで働かないの?」と聞かれたり、子どもに「ママはラクそうでいいね」と言われたり、何気ない一言で傷つく専業主婦たちの思いが明かされました。ゲスト出演したエッセイストの小島慶子さんは、「(働く女性と専業主婦)どちらが正しいかみたいな話になるのはとっても不毛」などとコメントしています。(文:篠原みつき)

「働いている女性のほうが、価値がある」は、90年代の価値観