定年後の再雇用、4割が「給与が定年前の半額以下」に 4人に1人が「全く想定通りでなかった」と困惑

給与に関して「予想外」という意見が多数

給与に関して「予想外」という意見が多数

高齢者の就労支援を行うマイスター60は12月9日、「定年後の第二の働き方」に関する調査結果を発表した。調査は11月にネット上で実施し、再雇用制度を使って働いている60~65歳の男性500人から回答を得た。

現在の雇用体系を聞いたところ、最多は「契約社員」(64.2%)で、「正社員」(32.2%)、「アルバイト」(2%)が続いた。契約期間については「1年間以内」(48.6%)が最も多く、次いで「1年超」(38.6%)、「期間の定めはない」(12.8%)という順となった。

「転職を考えている」と2割が回答