「ボーナスは一律1万円」という40代男性の嘆き 「”雀の涙”よりもたくさんの涙が出ます」

ボーナスに対する不満が殺到した

ボーナスに対する不満が殺到した

経団連が11月に発表した大企業の冬のボーナスの平均妥結額は、96万4543万円。2年連続で過去最高を記録した。しかし、現実には支給なし、またはあっても少ないために不満を募らせる人が大勢いる。キャリコネニュース読者からは

「個人としても、会社としても、予算以上の売り上げがあったのに、報酬に全く反映されていない」(40代女性)
「寸志でもいいからほしい」(40代女性)
「ボーナスが存在しない」(30代男性)

といったつらい心境が綴られている。

【関連記事:冬のボーナスに”満足”している人々 「30代公務員、70万円。このご時世、これだけもらえるのはありがたい」】

「働き方改革で収入減ったのに、ボーナス上がらない」