悲喜こもごも冬のボーナス事情「100万円もらった。出るだけいい」「正社員と同じ仕事しても支給額は10万円」

「足りない」「出るだけいい」など様々な声が寄せられた

「足りない」「出るだけいい」など様々な声が寄せられた

年末年始が目前に迫るなか、その過ごし方は冬のボーナス次第という人もいるのではないだろうか。とはいえ中には、思うようなボーナス額ではなかい人もいる。キャリコネニュース読者からも、

「たった6000円の支給額なのに、役員連中にお礼を言って回らなければならない」(40代男性)
「上司や事務は40万円超えなのに、現場の作業員は10万円。社長は『所詮君たちは体力だけだからね(笑)』と発言。強きを助け弱きを挫く会社」(30代男性)

といった不満を上げる声が多く寄せられた。有期雇用で契約社員として働く20代女性のボーナスは10万円。女性は「正社員と同じだけの仕事を求められてボーナスだけ少ないって変だと思います」と格差を感じている。

新卒が「こんなのボーナスとは言わない」という水準の賞与