「妥協して結婚するくらいなら老後は友人とシェアハウス生活」ってどうなの? そもそも長年独り身だった人が他人と一緒に住めるのか

「仕事辞めれる年齢になったら一緒に住もう」という人が多いようだ

「仕事辞めれる年齢になったら一緒に住もう」という人が多いようだ

人は絶対に死ぬ。事故死、病死に老衰死。死因はいろいろあるけれど、とにかく僕らはみんな死ぬ。そういうふうにできている。

さて、あなただって自分の老後のビジョンを描いたことぐらい、きっとあるはずだ。家族に囲まれ、愛し愛され最期を迎える光景を描いている人もいるだろうし、一人で管だらけになって病院のベッドに横たわっている末期を想像する人もいるだろう。僕の場合は、どこかの古いアパートで孤独に冷たくなっているような気がしないでもない。(文:松本ミゾレ)

「親友とお互い結婚しなかったら老後はそばに住もうって言い合ってる」