無理ゲーすぎる!就職氷河期世代の公務員採用 倍率数百倍という現状に救いはあるのか

氷河期世代が救われるのはいつになるだろうか……

氷河期世代が救われるのはいつになるだろうか……

バブル崩壊後の景気後退により、1990年代半ばから2000年代前半にかけて、就職難に直面した就職氷河期世代も現在は40歳前後になっている。転職を繰り返した、長く不正規雇用に従事した、などの理由から、平均年収がバブル世代より約50万円低いという指摘もある。

政府は昨年、『就職氷河期世代支援プログラム』を決定。3年間で計650億円超の予算を計上し、就職氷河期世代の正規雇用者を30万人程度増やすという目標を立てた。これを受け、原則禁止となっているハローワーク、民間の就職サイト、企業が手掛ける募集対象の年齢限定が緩和される方針が出されている。(文:ふじいりょう)

宝塚市の採用試験は408倍 自治体採用枠は最大で「10人ほど」