相次ぐマスクの高額転売でメルカリが「対応を検討中」 悪質な”転売ヤー”を排除できるか

画像はキャプチャ

画像はキャプチャ

国内でも感染者が相次ぐ新型コロナウイルス。1月中旬に日本国内で初の感染者が見つかると、急速なマスクの買い占め行動に発展し、現在も全国のドラッグストアやコンビニで品切れや品薄状態が続いている。

【関連記事】メルカリ、マスクの高額転売に警告 「状況によっては商品削除、利用制限を行う」

フリマアプリの「メルカリ」では、定価を大幅に上回る金額でマスクを転売する人が続出。ダイソーの30枚入り「不織布マスク」(税抜100円)の5箱セットが、販売価格の10倍にあたる5000円で販売されていたりする。中には取引が成立しているものもあった。子ども用サイズのマスク数十枚を数万円で出品しているものもある。

こうした現状に対し、ネット上では怒りの声が出ている。「転売ヤーのせいで買えない」といったものだけでなく、プラットフォーマーのメルカリに対しても「なぜ放置しているのか。上場企業としての責任はないのか」などといった批判的な声が出ている。

「法的ルールがなく、転売してはいけない商品を定めるのは難しい」