“仕事しない中高年”叩きに50代男性「歳をとらないとわからないこともある。今怒っている人の多くは働かない中高年になる」

その年配女性ができる仕事は、前任者の3割程度の量。残りの約7割分は他の社員でカバーしている。そんな年配女性について、「おそらく自身の若いころの20代とかは、腰かけ程度で仕事をしていたせいか、難しい仕事は引き受けようとしません」という。

「おしゃべりが好きで、他の人が話していると勝手に取り上げたり、上から被せてきたり。結局は自分のことを延々と語り出し、『これだけしゃべっているヒマがあるならもっと仕事しろ』と思います」

それでも「コネ採用なので、どうにもなりません」と呆れている。

エンジニア職の30代男性は、職場にいる中高年をダメ出しする。特にマネージャークラスになると、会議での「忙しいアピール」が顕著だという。しかし実際のところ、

「PCの前で頭を抱えているか、喫煙所に行くかです……。それで自分より遥かに高い給料を払われていると思うと、会社が可哀想になる。もちろん成果も出さず、それでいてチームをまとめるのは他の平リーダー」

現場の内容も分からず口出しする現状に、男性は「何もしないでいてくれた方が助かるけど、それなら居なくても」といい、「みんなの士気が下がる一方なので早めに退職を願ってます」と心境を綴っている。

「実際に私も20代のころは、働かない中高年に相当腹を立てていました」

一方、そうした風潮を理解しつつ、若者に諭すように警鐘を鳴らす中高年もいる。50代男性は「私は働かない中高年です」と前置きした上で、自身の過去を振り返る。

「実際に私も20代のころは、働かない中高年に相当腹を立てていましたが、この歳になってようやくわかりました。歳をとらないとわからないことってありますからね」

男性は、退職まであと残り数年。評価も給与も右肩下がりだという。そうした中で成果を求められたり、モチベーションを上げろと言われたりする日々を過ごす。世の若者たちに対して、「今怒っている方の多くは働かない中高年になりますよ。安心してください」と持論を述べている。