新型コロナでカオスなドラッグストア「裏口のインターホンを連打される」「あんたのしてるマスクでいいからくれ」

マスクを求める"モンスター客"のエピソード

マスクを求める”モンスター客”のエピソード

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、マスク類などの品薄状態が続いている。全国のドラックストアがその対応に追われる中、客の迷惑行為に苦しむ店員も多い。キャリコネニュース読者からは、

「開店前なのにバックヤードから入って来る客まで出てきてしまった。ウイルスよりも怖いかも。身の危険を強く感じた」(埼玉県/40代女性)
「開店前から行列。電話によるマスク有無の問い合わせがある。店内で客から『1週間でマスクがどれぐらい入るのか』と事細かく聞かれ、『店舗で発注できなくなっているので、わかりかねます』と答えたら、『死ね』と言われた」(30代女性)

といった声が寄せられている。山口県の20代女性は、

「入り口に途轍もない大きさで『本日マスク入荷なし』と書いてあるにも関わらず、『ありえないと思いますけど、マスクないですよね?』と聞かれました。奇跡を信じて聞かないでほしい。無いものは無い」

という。そうしたこともあり、「マスク関連の質問には、つい無表情で答えてしまうようになりました。謝罪の言葉も、自分が悪いわけではないので言わなくなりました」とのことだ。今回は、北海道のドラックストアで働く30代女性の投稿を紹介する。(文:鹿賀大資)

「お前らがマスクを買い占めるからみんなが買えないんだ!」