新型コロナで退職を決めたエピソード「同じビルに感染者出ても出社させる」「社員が矢面に立たず、バイトを高リスクの前線に」

出社を続けさせる企業に対し、不満を抱く人は多い

出社を続けさせる企業に対し、不満を抱く人は多い

新型コロナウイルスに対する職場の対応に不信感を抱き、退職を決意する人は多いようだ。キャリコネニュース読者からは

「元々パワハラ・セクハラがある会社でした。同じビルで感染者が出たにも関わらず、何としてでも出社をさせようとしていたので、退社を決意しました。まったく従業員のことを考えていないのが良く分かり、この会社のためには働きたくないと思いました」(東京都/30代女性/メーカー系)

といった経験談が寄せられている。(文:鹿賀大資)

「私も自ら報酬を全額返上して社員の給料を確保している」