新型コロナでも出社を強要する”昭和的上司たち”「リモートを選ぶなら評価を下げる」「パソコン足りないから交代で出社して!」

出社とか……

出社とか……

先日、39県を対象に緊急事態宣言の解除が発表された。首都圏をはじめとする7都道府県は、引き続き5月31日まで自粛要請になる。解除の地域があるとはいえ、新型コロナウイルスの猛威に油断は禁物だ。

そうしたなかキャリコネニュースには、出社させられる状況に不満の声も寄せられている。東京都の30代女性は、

「ノートパソコンの台数が少なくローテーションでの在宅勤務になるため、結局は『出社してください』とのことです。ノートパソコンぐらいこの機会に増やせばいいのに。我社は昭和で止まっているようです」

という。大阪府でIT・通信系の会社に勤務する20代男性も、“昭和的上司”に出社を強いられている一人だ。(文:鹿賀大資)

パソコンが使えない上司の衝撃発言「リモートを選ぶなら評価を下げる」