“働かない中高年”に呆れる声「勤務中にスマホゲーム。仕事できないのにできるアピールがウザイ」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

“働かない中高年”に呆れる声「勤務中にスマホゲーム。仕事できないのにできるアピールがウザイ」

働かない中高年に辟易

働かない中高年に辟易

中高年のベテラン社員と働くと、その仕事ぶりや姿勢に学ぶべきところは多い。しかし中には反面教師にしかならない中高年もいる。キャリコネニュース読者からは、

「人に『気を遣え』とか言いつつ自分の仕事だけしかしない上に『俺は好きにやっていい』などとジャイアンみたいなことをしている」(20代男性、サービス・販売職)
「事務所で寝てる。休憩中でもなく仕事もあるのに」(30代男性、エンジニア職)
「仕事中にスマホゲームをしている。向上心がない。実際は仕事できないのに、”仕事できるアピール”がうざい」(30代男性、営業職)

といった声が寄せられた。町の自動車整備工場で働く40代男性も困っている1人だ。「老害会社」と称する勤め先について明かす。(文:鹿賀大資)

「工場長が車検をやったことはありません」

その会社は従業員総勢5人と小さく、男性以外はすべて60歳を超えている。現場作業は男性と工場長を含めた3人が担当するという状況だ。ところが、

「もう一人は整備免許もない方でした。会話をしても変な反応なので、少しやり取りに困る人です。その人と工場長は、とにかく面倒くさいことは私に丸投げしてきます。私が2年前に入社して以来、その2人が車検をやったことはありません」

特に工場長は横着な性格で適当な整備しかせず、車に関する知識も少ない。手間を要するハイブリッドカーの車検を担当した際は、タイヤを外して終わりという始末だった。

書類の記録も適当に済ませているため、男性も「ここまで手抜き車検できる才能は素晴らしいの一言です」と呆れるほどだ。男性は「流石に嫌気がさしていますので来月で辞めます」といい、

「皆さんも昔ながらの町の車屋には気をつけて下さい。ただ長く勤めてるだけで知識も腕もない、雰囲気だけ職人風の整備士に引っ掛かると大変です。ちゃんと車を点検・整備しないのに、請求書ではやったことになってる。そんな車が公道を走っていると思うとゾッとします」

と本音を打ち明けている。

「技術的な話をしているのに『顧客にもわかるような説明をしろ』」

IT関係の仕事をする30代男性は、今までの転職経験を振り返る。現在の職場では働かない中高年はいないが、前職や前々職にはいたという。

「創業15年を超える会社だと確実にいると思います。創業の頃からいる社員は、自分が育てたんだという自負があるんでしょうね。よくいえば安定、悪くいうと新しことをしようとしない。つまり”変化はリスク”と考える傾向があるように見えます」

中には、見た目や礼儀などの体裁を重要視する中高年もいたという。

「個人の能力を見ようとしない、中身が空っぽな人です。そのくせ人の失敗には厳しく、追い込むことだけは得意なんですよね。従業員同士で技術的な話をしているのにわざわざ『顧客にもわかるような説明をしろ』と言ってきたり」

男性は「職務怠慢も甚だしいですよ」と綴っている。

※キャリコネニュースでは引き続き「働かない中高年への不満」「ウチの会社のホワイト自慢」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ