ヒカキン、自ら1億円寄付してコロナ医療支援基金立ち上げ「YouTuberとネットの本気を出し切りたい」と募金呼びかけ

画像はYouTubeをキャプチャ

画像はYouTubeをキャプチャ

YouTuberのヒカキンさんは5月21日、ヤフー・ジャパン基金とともに「コロナ医療支援基金」を立ち上げた。設立にあたり、ヒカキンさんが1億円を寄付した。21日13時23時現在、1万3827人が寄付しており総額1億542万6074万円となっている。

ヒカキンさんは同日、動画で基金について説明し、募金を呼びかけた。今までYouTubeで外出自粛を呼びかけ、小池百合子東京都知事や新型コロナウイルス感染経験者へのインタビューなどを行っていたヒカキンさんに、医療従事者からDMが届いたのがきっかけだという。

「1億円あっても日本全国の医療現場に必要な支援を届けるにはまだまだ足りません」