10万円給付金の使い道は?「孫を預かり支出が3倍。10万円では足りない」「誰彼構わず一律支給はおかしい」との声も

10万円の使い道

10万円の使い道

10万円の特別定額給付金を「生活費に使いたい」と考える人は多い。東京都の30代男性もキャリコネニュースに「制度の趣旨通り、家計に計上します。特別な使い道はありません」といった声を寄せている。ただ一口に生活費といってもさまざまだ。サービス系で働く東京都の30代女性は、

「シングルマザーです。コロナの影響で子どもの預け先が不十分のため、時短で働かざるを得なくなりました。10万円でその給与の差額を補填します。それにボーナスも少なくなりそうなので貯金しておきます」

という。北海道でパート・アルバイトをする60代女性は、

「シングルの親に代わり孫を預かっているので、給付金は生活費に回します。でも食費や光熱費の支出が3倍になり、10万円では足りない状況です。一人親や事業者の救援・補償などはよく聞きますが、自分たちのような立場は泣き寝入りでしょうか」

と家庭ごとに事情は違う。沖縄県の40代男性も「生活費や支払いなどに使います」という一人だ。ただ男性は持論も展開させている。(文:鹿賀大資)

「子どもが自由に使えるお金として給付される訳ではありません」