“仕事=出社するもの”という経営陣にウンザリ! 「テレワークどころか時差出勤すれ認められない」

頭が硬すぎる50代経営陣

頭が硬すぎる50代経営陣

新型コロナの感染予防対策で会社に不信感を抱き、退職を決意した人は多い。キャリコネ読者から届いたアンケートによると、今回のコロナ禍でテレワークが急速に普及した一方で、経営陣のストップがかかったためにテレワークができなかった人がいることもわかった。

「緊急事態宣言が出され、政府からもテレワークが推奨されているにもかかわらず、出社しないと働いたことにならないという経営者の時代錯誤な思考から、テレワークどころか時差通勤すら認められず、全くの通常勤務だった」(東京都/40代男性/専門コンサル系)

この男性は「この経営者は社員やその家族のことをただの”捨て駒”にしか思っていない」と、心底がっかりした心境を綴っている。

ネットやZOOMなどでテレワークが当たり前のように行われている今、出社しなければ仕事にならないと考えている経営者はほかにもいるようだ。(文:林加奈)

「社員の健康第一」は建前。膨大な仕事量で出勤せざる得ない