従業員が明かす「同一労働同一賃金」の現状 「多少給与は上がったが、不満」「不透明な部分が多すぎる」

同一労働同一賃金、実現した?

同一労働同一賃金、実現した?

働き方改革の一環で、4月から大企業対象の「同一労働同一賃金制度」が始まった。同一労働同一賃金制度は「職務内容が同じであれば、同じ額の賃金を従業員に支払う」という考え方。正社員、非正規社員の間の待遇差解消を目的としている。

企業で働く人々は「同一労働同一賃金」をどう受け取っているのだろうか。企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた声を見てみよう。【参照元:キャリコネ】(文:コティマム)

「正社員との賃金の格差ははっきりあります」