世帯年収600万~800万円の家計事情「独身やDINKS時代の贅沢三昧を続けているといっぱいいっぱいになる」

年収600~800万ファミリー世帯の家計事情

年収600~800万ファミリー世帯の家計事情

国の調べでは、世帯年収550万円前後が平均値となっている。だからといって、それが生活の充実度と比例する訳ではない。世帯年収600~800万円のキャリコネニュース読者からは、

「世帯年収600万です。大学生の子どもが1人います。まったく余裕はありません。学費や住宅ローンなど」(兵庫県/50代男性)
「2人の子どもにかかる学費で貯蓄ができず、さらに田舎のため車も必要。余裕ありません」(愛知県/50代男性/メーカー系)
「世間的には収入が低い訳ではないものの、都営住宅にも入れない。賃貸はもったいないので持ち家にしたが、余裕はない。子どもは私立だが補助対象外、児童手当も半額。税金も多く取られるため、一生懸命働いても本当に損をしていると感じる」(東京都/50代男性/IT・通信系)

など余裕を感じられない人は多いようだ。一方、世帯年収600~800万円でも賢くやりくりをしている人もいる。兵庫県の50代女性がその一人だ。(文:鹿賀大資)

生活が苦しいのは“親の意識”の問題?