Search Result for: すご腕社労士

「すご腕社労士」新聞・テレビも取り上げる 識者は「ブラック士業」が出現する背景を指摘

法律の知識を踏まえて中小企業に助言を行う立場の社会保険労務士が、会社からの相談に答える形で「社員をうつ病に罹患させて退職する方法」をブログで指南していた問題は、ネットユーザーの猛批判から新聞、テレビの報道に広がっている。 12月19日の毎日新聞は、日本労働弁護団や全国過労死を考える家族の会など6団体が、厚生労働省に監督責任を果たすよう求めたと報道。過労死家族の会メンバーの「ブログの内容は殺人を勧めるようなもの」いうコメントを掲載した。 社労士会の聞き取りに本人は「表現の自由」と主張するが 同日の朝日新聞では、この社労士が「ふざけるな!」といった内容のメールを数件受け取り、「怖くなった」とブログを削除したと紹介。愛知県社労士会が監察綱紀委員会を開いて社労士に聞き取りをしたところ、「表現の自由」の範囲内と主張したことなどを紹介している。 この問題については、「ブラック企業」(文春新書)の著者である今野晴貴氏も、18日に「ブログ炎上で露わになった『ブラック士業』の実態」というコラムをYahoo!個人に寄稿。社員の自殺まで想定してパワハラを推奨している点で「悪質性が極めて高い」と断ずる。 また、このような社労士が出現する背景として、士業の数が急速に増加していることを指摘。生き残りをかけて、違法な労務管理の技術を経営者に手ほどきしてブラック企業を支える「ブラック士業」が現れており、彼らの目的は、 「ブラック企業と労働者の間の紛争を一つのビジネスチャンスとして考えているだけ」 と痛烈に批判している。 テレビがコメント紹介「筆が滑ってしまってご心配かけた」 さらにこの話題はテレビのワイドショーにも広がり、21日の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ)のほか、22日朝の「スッキリ!!」(日本テレビ)でも取り上げられた。番組では社労士のブログについて、「企業に求められるモラルとは程遠い、信じられないノウハウが書き込まれていた」と紹介した。 司会の加藤浩次氏はブログのQ&Aについて、「聞く方も聞く方だが、答える方も答える方」と怒りをあらわにし、東大教授のロバート・キャンベル氏は「国家資格である社労士は、社会から大きな付託を与えられている」としながら、この社労士はその意識がぜんぜん足りていないと呆れた。 また番組では、この社労士の釈明として「筆が滑ってしまってみなさんにご心配をかけ大変申し訳ない」というコメントを紹介した。しかし「うつ病」についての手口が書かれた記事は、このブログの40回目。過去にも同様の書き込みがあったこともあり、ネットには、 「継続は力なり。酔っ払ってつい筆が滑ったというレベルではない。心の底からそう思っての発言なのは言うまでもないわな」 と疑う視聴者の書き込みも見られた。 あわせてよみたい:すご腕社労士、ストレスチェック制度は「うつ病社員のあぶり出しに使え」  


「懲戒しなければ社会不安を増加させることになる」 厚労相に「すご腕社労士」への処分を求める署名活動が始まる

「モンスター社員をうつ病にして退職に追い込む」という過激な内容をブログに書き、炎上状態となった愛知県の社会保険労務士に対し、ネット上で懲戒処分を求める署名活動が始まっている。 ユーザーが署名を募ることができるサイト「change.org」で、「厚生労働大臣。〇〇〇〇(編注:氏名)社会保険労務士を速やかに懲戒してください。」というタイトルのページが12月15日までに出現。発起人は過労死を防止する運動に取り組んでいるNPO法人「ディーセントワークへの扉」理事長の飯塚盛康さんだ。 「犯罪に近い行為であり、絶対に許すことができない」 署名ページでは、この社労士が11月24日付でブログに投稿していた「社員をうつ病に罹患させる方法」という投稿を問題視している。 「このような行為・言動は、社会保険労務士法第一条に定める『事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資する』という社会保険労務士制度の趣旨を没却するものであります」 社員が自殺した場合に備えて、うつ病と自殺の因果関係を否定する証拠を用意することを推奨する書き込みについても、「社会保険労務士の信用又は品位を害するもの」と指摘。この社労士の説明した方法でうつ病に罹患したり、自殺したりした人がいれば「犯罪にも近い行為であり、絶対に許すことが出来ません」と強く糾弾している。 そして、世の多くの社労士が健全な労務関係を築くことに心血を注ぐ中、この社労士が何の懲戒を受けないのは「ブラック社労士」を容認することであり、「社会保険労務士のモラルハザードや社会的責任の低下を招くことは必至」と書いている。 「結果的にブラック企業の蔓延、助長に繋がり、ひいては日本の雇用情勢をより不安定にし、社会不安を増加させることになります」 その上で、厚生労働相に対し、件の社労士を「速やかに懲戒してください」と要求。愛知県社会保険労務士会と全国社会保険労務士会連合会に対しても、「会員資格について厳正な処分を行ってください」と求めている。 社労士業界からも批判相次ぐ「同じような目で見られると困る」 この署名ページには、16日19時現在までに152件の署名が寄せられており、 「日本企業の健全な経営のためにも、ブラックビジネスに手を染め、非人間的な発言を繰り返すモンスター社労士の処分を求めます」 「労働者を守り、経営側に健全な労働環境を守らせるのが社労士の役目のはず。あきれて言葉もない」 「人を死に至らしめる事が楽しいなんて、社労士以前に人として異常です」 などといったコメントが寄せられている。 では一体、どこまで処分は進んでいるのだろうか。キャリコネニュースが12月2日に取材した際には「厚労省と情報共有しながら判断する」と語っていた愛知県社会保険労務士会の担当者は、「厚労省が調査すると言っているので、こちらとしては具体的なことは言えない」と語る。 ただし、2日時点では数件だった懲戒を求める問い合わせは、16日までに約30件寄せられていると明かす。一般の人からの問い合わせがほとんどだが、同業である他県の社労士からも数件寄せられているという。 「やはり『社労士として同じような目で見られると困る。愛知県社労士会はしっかり処分して欲しい』という内容が多いです」 「自殺してもらってもいい」と書いたフェイスブックは非公開に 厚労省労働基準局監督課の担当者は「個別の事案には答えられませんが、社労士に関する不正情報が寄せられれば適宜事実関係を調査しています」と述べるにとどまった。 問題の社労士は12月4日までに全ブログを削除。また、以前は公開状態で、 「部下をうつにさせるキーワード。ぜひお試しください」 「モンスター社員をうつにするのは楽しいですよ。自殺してもらってもいいのかもしれないです」 などと投稿していたフェイスブックも、全ての投稿が非公開となっている。 あわせてよみたい:すご腕社労士のトンデモ主張「うつ社員は捨て去るべき」  


ストレスチェック制度は「うつ病社員のあぶり出しに使え」 「すご腕社労士」のトンデモ主張が再炎上

キャリコネニュースが12月3日に取り上げた「すご腕社労士の首切りブログ」が、問題となった11月24日付け記事「社員をうつ病に罹患させる方法」を削除した。ネットでの激しい批判をかわそうとしたようだ。 しかしこのブログには、他にも「社員を精神的に追い込んで、うつ病などに罹患させて退職に追い込む」という表現がいくつもある。特に12月から義務化された「ストレスチェック」については、法律の専門家とは思えない不適切な助言が見られる。 「無用な荷物であるうつ社員は捨て去るべきです」 従業員50人以上の事業所では、12月1日から「ストレスチェック」の実施が年1回義務化されている。目的は、従業員にストレス状態を客観的に把握してもらいつつ、会社として仕事をしやすい職場環境を適切に改善していくことだ。 しかしブログの筆者である社会保険労務士は、9月30日の記事でこの制度の目的を否定。経営者との想定問答として「うつ社員のあぶり出しを目的に労務管理にしようとしていいですか? 会社が健康管理費用を出す以上当たり前のことのように思いますが」という問いに対し、次のように答えている。 「勿論どんどんあぶり出しに活用してください」 「法の建前としては従業員の心の管理です。(略)勿論社員には、うつのあぶり出しだなんて言ってはいけません。心の管理が法律で義務付けられたといえばいいのです」 「無用な荷物であるうつ社員は捨て去るべきです」 言うまでもなく会社は、ストレスチェック制度に関する労働者の秘密を不正に入手することがあってはならない。個人の情報を取り扱った者が守秘義務に違反した場合には、「6月以下の懲役または50万円以下の罰金」(労働安全衛生法第119条)の対象となる。 敬語を話さない社員も「うつに罹患させて退職に追い込む」 この社労士は「社員をうつ病に罹患させる方法」を書いた翌日にも、「敬語を話さない社員の解雇」という記事の中でお得意の手法を披露している。 社内に敬語を話さない社員がいたら、就業規則で「上司や取引先には敬語を使わなければならない」旨を定める。そして、それを破ったらその場で反省文を書かせ、同時に厳しく注意するという。 それでもため口を使ったら「出勤停止3日から1週間」あるいは「賞与の査定を半分くらいに落とす」という厳しい処分を下す。社労士は、 「この時点で本人はうつ状態(に)なります」 「とどめとして退職勧告しましょう。ほとんどの確率で退職します」 と自信満々だ。取引先に敬語を使わない社員にも問題はあるが、退職させたければ適法な手続きを踏めばいいだけであり、いちいち「うつ状態に追い込む」という表現を使うのは不適切だろう。 労基署の指摘にも「私的自治に対する不当な干渉」と反発 また社労士は9月24日の記事の中で、中小企業で有給休暇の消化率が低くなるのは「あたりまえのこと」と言い切る。そして「有給休暇を取らせない工夫」として「計画的付与」とともに、次のような手法を助言している。 「社員に、繁忙期には有給(ママ)をとらないように朝礼等でアピールすることです。有給を取りにくい雰囲気をあらかじめ作っておくことが必要です」 あわせて「1か月前の申請」を義務化することによって、有休を取得しにくくする手法も紹介しているが、これについては労働基準監督署から「事実上の抑制策ではないか」という指摘があったことを明かしている。 しかし社労士は「そのような指摘は違法であり、私的自治に対する不当な干渉」として撤回を求めたところ、監督官が指摘を引っ込めたと胸を張っている。なお、上記のブログは、12月4日17時現在ですべて削除されてしまった。 地元社労士会「厚労省と情報共有しながら処分判断」 愛知県社会保険労務士会の担当者によると、今回の炎上騒動で「この社労士の処分を望む」といった趣旨の問い合わせが3日から電話とメールで数件寄せられているという。近く幹部を交えて話し合いの場を設け、今後の方針を決める。処分については「すでに動いている厚労省と情報を共有しながら判断することになるのでは」としている。 社労士のブログに関しては「いい迷惑」というのが率直な感想のようで、「全員の社労士がこういう風に見られてしまうので不愉快ですね」と話していた。 あわせてよみたい:社労士ブログ「モンスター社員をうつ病にさせる方法」が物議  


「モンスター社員をうつ病にさせる方法」で物議の社労士 「ダメージ与えて真人間に立ち直らせるのが真意」と釈明

企業でのストレスチェックが義務化され、従業員のメンタルヘルス管理が重要視される中、「モンスター社員」をうつ病に罹患させて退職に追い込む方法を指南する社労士ブログが、物議を醸す事態となっている。 筆者は、社労士の木全美千男氏。「モンスター社員を解雇せよ! すご腕社労士の首切りブログ 」というブログを運営しており、11月24日付けで「社員をうつ病に罹患させる方法」という記事を更新した。 「モンスター社員に精神的打撃与えることが楽しくなりますよ」 エントリーはQ&A形式となっており、「上司に逆らう」「遅刻する」「タバコさぼり」といったモンスター社員に悩む企業が「なんとかうつ病にして会社から追放したいのですが、いい方法ありますか。もちろん会社が法的に責任取らなくていい方法に限ります」と質問する。 木全氏は、まず社員に罰を与える根拠を就業規則に盛り込むことを指導。この場合は「上司に文句を言うことの禁止」「遅刻の禁止」という具合だ。その上で禁を破った社員に反省文を書かせる。 ただ、その反省文は普通のものではない。ノートに自分の過去の失敗や、他人に迷惑をかけたこと、悲しかったことを思い出せるだけ書き出させ、その事柄に対して、自分に非があるように関連付けて書かせる。 「うつ状態というのは自分を責める病気なので、後悔の量が多ければ多いほど(過去に否定的な執着する程)発症し易いです」 そして、万が一社員が自殺したときのために、うつの原因と死亡の因果関係を否定する証拠を作っておく。裁判では自殺の因果関係の立証は原告側にあるので、それを否定する証拠があれば、会社の帰責事由を否定することになると説明。「したがってそれができればうつ病自殺されても裁判で負けることはありません」と力説する。 もっとも、本当にうつになりそうになったら「休職命令与えてもいいでしょう。休職満了による退職でも可能でしょう」とも書いている。「モンスター社員に精神的打撃与えることが楽しくなりますよ」とのことだ。 木全氏「パワハラと指導はもともと微妙な一線」 木全氏はあくまでも「適切にして強烈な合法パワハラ与えましょう」と書いているが、社員を意図的にうつ病にさせるというのは怖ろしい。ネットでも物議を醸し、はてなブックマークでは「普通に解雇しちゃダメなのかこれ……」「こわい」「これはあかんやつや」と震撼するもののほか、 「上司に逆らう、遅刻、タバコさぼりってのは死に値する罪じゃないよねいくらなんでも。そのくらいで人を死に追いやるのが平気なの? あまつさえ楽しめるの?」 といった声が挙がった。ネットでは「炎上狙いの釣りブログじゃないのか」という見方もあったが、一体どうなのだろうか。キャリコネニュースの取材に対し木全氏は、 「誤解を受ける内容だったかも知れないが、会社に迷惑をかけている人間にダメージを与えて真人間にしたい、立ち直って欲しいというのが真意です」 と説明する。従業員に精神的ダメージを与える「合法パワハラ」に関しては「パワハラと指導の違いはもともと微妙な一線」とコメント。「厚労省は(パワハラを)過大に考えている。みんなの前で叱るぞ、と事前に伝えておけば、みんなの前で叱るのだって当たり前です」と語る。 ネットで話題になっていることは、記者が伝えるまで知らなかったが、ブログでは特に釈明するつもりはないといい、「憲法では言論の自由が保障されている。特定の誰かを誹謗中傷したわけでもないですし、自分の考えを書いただけです」と話していた。 あわせてよみたい:「すご腕社労士」に関するキャリコネニュースの記事 キャリコネであの有名企業の「働きがい」「年収」「残業」の実態を見る >>有名企業の20代平均年収・実態を見る >>有名企業の30代平均年収・実態を見る >>人気職種別 最高年収ランキング