世帯年収950万円の40代女性「子どもは私大、私立高、公立小。高校無償化や児童医療費補助など、ことごとく対象外」

「税金は増える一方なのに、見返りらしいものはなにもない」

「税金は増える一方なのに、見返りらしいものはなにもない」

世帯年収が多いほど、裕福な暮らしができると考える人は多い。収入が多ければ、その分自分たちに使える金額が増えるからだ。最近では夫婦共働き世帯が増え、世帯における消費活動も日々変化している。

2019年の厚生労働省調べでは、平均世帯年収は552万円。それを上回る世帯年収800万円~1000万円はどんな生活感なのか。愛知県の40代男性(個人事業主/世帯年収950万円)は、実家で家族内同居をしている。(文:中島雄太)

「欲しいものがあれば何も考えず買えるが、贅沢品を買おうとは思いません。子どもが習いたいというものをすべて習わせることができているので満足です」

お金のかかる趣味はないけど、国家試験のために出費がかさむ