世帯年収1300万円の30代男性「グラム100円代前半の豚肉か鶏肉、ミンチしか購入しません」 2人を子育て中 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収1300万円の30代男性「グラム100円代前半の豚肉か鶏肉、ミンチしか購入しません」 2人を子育て中

スーパーに行っても…

スーパーに行っても…

一体どのくらいの世帯年収があれば、不満なく快適な生活を送れるようになるのだろうか。世帯年収1200万円の40代前半女性は「一般的には高いほうの収入のようだが」と前置きしたうえで、

「夫が車好きで、いつも身の丈以上の車を欲しがるので気持ち的に余裕がなく、自分はかなりの貧乏性……」(東京都/メーカー系/派遣社員/既婚・子ども2人)

と打ち明けた。世帯年収1200万円の家庭であっても、どこかで贅沢をすれば、別のところで帳尻を合わせなければ家計が成り立たないようだ。

ほかにも世帯年収1200~1400万円のキャリコネニュース読者から寄せられた、リアルな生活感を紹介しよう。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートも実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

「外食するとしたら、子どもたちの好きな回転寿司でポイント消費」

大阪府の30代後半男性(メーカー系/正社員/既婚・子ども2人)は世帯年収1300万円だ。日頃の生活については「仕事の関係で妻が平日の半分は東京です。子どもたちはお迎えが遅ければ晩御飯の出る学童と保育園に行かせています」と綴っており、多忙さがうかがえる。また、日常的には倹約していて、

「外食するときは、子どもたちの好きな回転寿司で(溜めた)ポイントを消費します。スーパーに行ってもグラム100円代前半の豚肉か鶏肉、ミンチしか購入しません。交通の便が良いので車はありません。近隣にステーションが多くあるのでシェアカーを利用しています」

と庶民的な生活感だ。このようにムダな支出を抑えつつ、男性は資産運用にも精を出しており、「つみたてNISAやiDeCo、株などでお金に働いてもらっています」と明かした。

「普段のちょっとした我慢の大切さを子どもにも常日頃から伝えています」

栃木県の40代前半男性(メーカー系/正社員/既婚・子ども3人)は世帯年収1200万円だが、「今後の学費や老後資金が心配なので、普段の生活はなるべく支出を抑えることばかり考えています」と不安を語る。

「本当に欲しい物・したい事のために、普段のちょっとした我慢の大切さを子どもにも常日頃から伝えています。自分の出費は切り詰めています」

また男性は、社会制度にも不満を抱えているようで、

「努力を継続し、高いストレスと長い労働時間に加え、高い税金・社会保障費を払い続けているのに、その恩恵を受けられないことに納得できません。社会の奴隷の気分です。収入に応じた累進性を持たせるのは、負担か受益のどちらか片方だけにしていただきたい」

と訴えた。

※アンケート概要
■実施期間
2020年10月26日~
■回答数
1834 ※8月10日時点
(記事では、2021年6月29日から7月13日に寄せられた投稿を紹介)
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/6FE3D7NZ
■質問項目
・現在の世帯年収でどのような生活を送っていますか? 満足している点、不満な点、エピソードを教えてください。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ