「服はユニクロ、食パンは100円以下」世帯年収1000万円の慎ましい生活 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「服はユニクロ、食パンは100円以下」世帯年収1000万円の慎ましい生活

朝はドラッグストアで買う100円以下の食パン

朝はドラッグストアで買う100円以下の食パン

世帯年収1000万円のキャリコネニュース読者から寄せられた声を紹介する。どの投稿者も、華美な贅沢はせず”慎ましい生活”を送っている様子を語ってくれた。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

「朝はドラッグストアで買う100円以下の食パン」

愛知県の40代後半女性は「夫が正社員、妻が派遣(社員)」の共働きで、世帯年収1000万円。女性は「かなり慎ましい生活」と自身の生活感を綴った。

「服はユニクロ。(食事は)昼は弁当、朝はドラッグストアで買う100円以下の食パン。土日に外食したりデザートを食べたりするが、2人で3000円以下」

かなり堅実な暮らしをしているようだが、「もともと2人の実家とも派手に暮らしていなかったから、あまり我慢している感じはない」という。

「旅行も行けないが、たまにドライブしたりと気晴らしはできている」

とのことで、夫婦2人の贅沢をしない生活に不満はないようだ。

「補助は受けられないことを前提に家計管理しています」

神奈川県の40代後半女性(流通・小売系/パート)は「夫婦の年収比率は違えど、結婚してから常に世帯年収は約1000万円」と語る。

3人の子どもがいるが、「補助は受けられないことを前提に家計管理を行なっています」と明かした上で、

「子どもが産まれてから数年は、医療費補助を受けるのに世帯年収が問われない地域に住んでいたため、転勤先で補助対象外になったときには、公的補助の地域格差を思い知りました」

と厳しい現実があった事を語る。子ども医療の助成は自治体によって補助内容が異なるため、高所得世帯ではありがちな事だろう。引越しによって受けられる公的補助が変わってしまうとは、思わぬ落とし穴だ。

また女性は、日頃の生活感について、

「持ち家に車1台。旅行は国内年1回。外食も月1回ほどですが、買いたいものは特に我慢することなく買えているので、今の生活にはおおむね満足しています」

と綴っていた。

ほかにも、世帯年収1000万円の50代前半男性からは、

「住居費や食費などの生活コストはギスギスしない程度にゆとりをもたせていますが、所得の半分を預金しています。車とテレビは所有していません」(神奈川県/IT・通信系/正社員/既婚・子どもなし)

という声が寄せられていた。

※アンケート概要
■実施期間
2020年10月26日~
■回答数
2145 ※9月15日時点
(記事では、2021年9月12日に寄せられた投稿を紹介)
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/6FE3D7NZ
■質問項目
・現在の世帯年収でどのような生活を送っていますか? 満足している点、不満な点、エピソードを教えてください。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ