世帯年収850万円「子どもが多いのに税金も多く、カツカツな生活」と語る40代男性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収850万円「子どもが多いのに税金も多く、カツカツな生活」と語る40代男性

贅沢は何ひとつできていない

贅沢は何ひとつできていない

全国の平均世帯年収は552万円(2019年厚生労働省調べ)。しかし平均以上の世帯収入があっても子どもが多ければ出費はかさむ。世帯年収800万円台で複数人の子どもを抱える40代前半男性たちの投稿を紹介する。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

「カツカツな生活。贅沢は何ひとつできていない」

3人の子どもを持つ千葉県在住の男性は、メーカー(電気・電子・機械系)で正社員として働いている。世帯年収850万円ではあるものの、

「子どもが多いのに税金も多く、カツカツな生活。贅沢は何ひとつできていない」

と訴える。男性には「少子高齢化で子どもの数が少なく問題となっているなか、将来の年金を支える世代を養っている」という自負があるという。国に対して、

「子ども手当が出されても、扶養控除がなくなったために結果マイナス(編注:2011年の税制改正により年少扶養親族に対する控除廃止)。年収増やせば子ども手当がなくなり、よりマイナスに。問題に対する対応が国として矛盾しており、法の改正を求めたい」

と要望を述べていた。

世帯年収800万円の40代前半男性(その他/正社員)も、小学3年生と年長の子ども2人を養育中の身だ。

「横浜市に住んでいるが、周りの世帯は子どもに塾や習い事を多数やらせており、焦りがある。生活に困ることはないが、今後の教育費に不安がある」

男性の妻も「パートで月3万円ほどの収入」というが、本人のお小遣いに回っているため、家計の足しとしては使えない状況だ。男性は、

「私自身が自由に使えるお金は極力貯金、老後資金の投資運用に回している」

と必死に将来の不安に備えていることを明かした。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ