「手取り16万円で家賃5万、実家へ3~5万円仕送り」 20代独身女性が感じる既婚者との不公平感 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「手取り16万円で家賃5万、実家へ3~5万円仕送り」 20代独身女性が感じる既婚者との不公平感

生活費が6万円ほどになる月も

生活費が6万円ほどになる月も

キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」へアンケートを実施。読者から給与額について不満の声が多数寄せられている。今回は、手取りが16万円だという宮城県の20代後半女性(未婚/金融・保険系/正社員/年収250万円)が明かした胸の内を紹介する。

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「独身に冷たい会社、知人と籍だけ入れたくなる(笑)」

女性は「家賃が5万、実家への仕送りが月3~5万程度。家賃補助はなし」と明かす。月によっては家賃と仕送りを除いた生活費は6万円ほどになってしまう。しかし女性は地道に貯蓄もしているようだ。

「今の会社は退職金制度がないので、なんとかやりくりして積み立てしています。生活口座の残高も増やしたいのですが、運用に重点を置いておりやや右肩下がり。性格上食べてストレス解消するので食費がかさみます。笑」

仕事は遠方へ転勤することもあるようだが、会社のシステムにこう不満を漏らす。

「場合によっては県をまたいだ異動がありえますが、転居費用も貰えませんので遠くから通う方が得です(交通費支給はあるため)。 しかし転属先は交通の便がよいとは限りません。そのため、車を持たない社員の場合は近くに部屋を借りるしかありません」

転属先によっては負担を社員がかぶることが多い様子だ。しかも、既婚者と独身者では扱いが違ってくるという。

「ちなみに単身赴任手当はあり、共働きでお子さんのいない方や子育てが終わった方などは、あえて遠くの配属を希望して部屋を借りるなどしており、やや不公平を感じています。トップの考え方なので仕方ありませんが、独身者に冷たい会社のような気がします」

と不公平感を吐露。「独身者としては、遠くの知り合いと籍だけ入れてしまいたいと思ってしまいます(笑)」と冗談めかしていた。最後に、

「今後成績を上げれば給与も賞与も上がりますが、コロナ禍で業界全体がやや低迷期となっており、見通しは暗い気がしています。しかし前述の通り身動きを取るに取れないといった状況です」

と閉塞感を綴っている。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ