世帯年収1400万円の貯蓄上手「年700万円のペースで貯蓄。生活レベルは上げずに余剰金を投資に回している」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収1400万円の貯蓄上手「年700万円のペースで貯蓄。生活レベルは上げずに余剰金を投資に回している」

画像はイメージ

世帯年収1400万円のキャリコネニュース読者から寄せられた投稿を紹介する。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

「贅沢といえば平日夜のテイクアウトくらい」

静岡県の30代後半の男性(商社系/正社員)の世帯年収は1400万円。男性は公務員の妻と2人の子どもと暮らしており、現在の生活感について次のように語った。

「持ち家5500万円。半分は現金で半分はローン。車は国産小型SUV1台。妻が倹約家なため、平均世帯年収のご家庭とほとんど変わらない支出に抑えている。贅沢といえば、共働きのため平日夜のテイクアウトくらい。年収の半分以上は貯金や資産運用に回している」

ほかの世帯年収1400万円のキャリコネニュース読者からは、

「平均的な支出で抑えるものの、旅行は頻度高く行っている。年間400万円程度の預金ができるが、旅行の頻度により増減」(愛知県/40代後半男性/流通・小売系/正社員/子ども1人)

「何の不満もなく生活して、年700万円のペースで貯蓄できる。生活レベルは上げずに余剰金を投資に回しているので、どんどん資産が増える」(栃木県/40代前半女性/サービス系/正社員/子ども1人)

という声も寄せられていた。世帯年収が増えても支出を平均的な水準に抑えることが、お金を貯める一番の秘訣のようだ。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ