世帯年収1400万円の薬剤師男性「あと200万円くらい増えたら家政婦さんを雇いたい」と疲労感もらす | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収1400万円の薬剤師男性「あと200万円くらい増えたら家政婦さんを雇いたい」と疲労感もらす

世帯年収1400万円の薬剤師男性

世帯年収1400万円の薬剤師男性

キャリコネニュース読者から寄せられた、世帯年収に関する投稿を2つ紹介する。ともに世帯年収1400万円の家庭だ。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

「親の支援がある家庭がうらやましいと感じる」

宮城県に住む世帯年収1400万円の30代後半男性は、所有する住宅や車、貯蓄状況について、次のように語った。

「夫婦ともに薬剤師で妻はパート。地方在住でハウスメーカーの注文住宅を約5500万円で購入。車は大型SUV2台。子ども3人ですが、年200万円くらい貯蓄できています」

順調な生活を送っているようで何よりだ。ただ、男性いわく不満も抱えているという。

「親の支援がないため日々疲労が溜まります。金銭面でも子育ての面でも、親の支援がある家庭がうらやましいと感じる。世帯年収に不満はないですが、あと200万円くらい増えたら家政婦さんを雇いたい」

同じく世帯年収1400万円の30代後半の既婚女性(東京都/IT・通信系/正社員)は、

「不自由なく暮らせてはいる。子どもができても問題なさそう。でも家も賃貸で、将来に対する漠然とした不安がある。このまま一生働かないと生きていけないのかと思う」

という切実な声を寄せていた。金銭的に困らないだけの収入を得ている分、彼らの仕事は想像以上にハードなのかもしれない。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ