手取り17万円の30代独身男性「月末には野菜スープやうどんだけ。ストレス発散にはお金を使って自己嫌悪」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

手取り17万円の30代独身男性「月末には野菜スープやうどんだけ。ストレス発散にはお金を使って自己嫌悪」

画像はイメージ

手取り17万円で暮らす大阪府・30代前半の独身男性(流通・小売系/正社員)から、こんな切実な投稿がキャリコネニュースに届いた。

「基本給が少なすぎる。毎月カツカツの生活です。むしろ赤字です」

一体、どのような生活を送っているのだろうか。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「40歳過ぎには野垂れ死ぬのではないかと、冗談で友人に話しています(笑)」

男性は自身の生活について赤裸々に綴る。

「月末には野菜スープやうどんだけなどで凌いでいます。給与が安いと自覚しているのに、ストレス発散にはお金を使ってしまうので、自己嫌悪に陥ってしまいます。エアコンのハウスクリーニングも引き延ばしたり、給料日後に安いスーパーで買いだめしたりしています。鼻炎持ちなので医療費もかかります」

ストレスを軽減するためにもなんとか収入を増やしたいところだが、「持病があるため、転職しても給与アップが見込めません。将来については先が見えません」と男性は嘆く。さらには、

「40歳過ぎには野垂れ死ぬのではないかと、冗談で友人に話しています(笑)」

と自虐的に語っていた。

持病があるならなおさら、極限まで食費を削るようなやりくりは得策ではないだろう。まずは、お金をかけないストレス発散法を見つけたいところだ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ