夏のボーナス、使い道は?「145万出た。後輩とステーキ食べに行く」「88万、一部貯蓄で残り全額投資にまわす」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

夏のボーナス、使い道は?「145万出た。後輩とステーキ食べに行く」「88万、一部貯蓄で残り全額投資にまわす」

ステーキイメージ画像

景気よくいきたいところだ

ボーナスシーズンが到来し、使い道を考え中の人も多いだろう。キャリコネニュースでは今年の「夏のボーナス」をテーマにアンケートを実施。千葉県に住む40代後半の男性は、こんな風に回答を寄せた。

「去年140万、今年145万。増収減益だが各種市場価格上昇のために会社が決断してくれた。妻に献上するので手元にはお小遣い程度かな? 後輩とステーキ食べに行きます(毎回)」(営業/正社員・職員/年収800万円)

※キャリコネニュースでは「夏のボーナスいくらですか? 2022」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。 https://questant.jp/q/5WFVGPWJ

「趣味や旅行などで30万円、余った分は住宅ローンの頭金」

「昨年は110万円で今年は130万円」で20万アップと答えたのは、神奈川県に住む30代後半の男性だ。

「業績が良かったので、予想通りの支給額で一安心。住宅購入を検討しているので、趣味や旅行などで30万円ほど使って、余った分は住宅ローンの頭金にする予定」(エンジニア、機械・電気・電子・半導体・制御/正社員・職員/年収750万円)

一方で神奈川県に住む30代後半の男性は、アップしたものの消費に回す考えは無いようだ。

「昨年60万円で今年は88万円になりました。昨年に比べて業績が良かったため。使い道は一部貯蓄で残り全額投資にまわす。特に何か買ったり遊びにまわすことはない」(エンジニア、機械・電気・電子・半導体・制御/正社員・職員/年収600万円)

同様に、散財せず将来のために「貯蓄と投資」で備えるという声は複数見られた。埼玉県で暮らす40代前半の男性は、会社の業績は悪くなかったが

「去年も今年も50万。(使途は)税金と貯蓄。会社の売上は上がってるが、『これから何があるかわからない時代だから給料は上げない』と言われた。生活がどんどん苦しくなっているのが実感できる」(営業/正社員・職員/年収500万円)

とボーナスを消費に回せない心情を吐露していた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ