手取り16.6万円、30代独身女性「残業しないと今の手取り額を維持できない」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

手取り16.6万円、30代独身女性「残業しないと今の手取り額を維持できない」

画像イメージ

画像イメージ

未婚率が上がり続けている昨今、1人暮らしの老後を想像する人も少なくないだろう。年収およそ200万円、月の手取りにして16万6000円という30代後半の女性(愛媛県/IT・通信系/派遣社員/未婚)は、

「残業しないと今の手取り額を維持できない」
「今の金額では生活はできるが贅沢はできないし、結婚も考えづらい。結婚するにしても1人で生きるにしても、ずっと働き続けないといけないんだろうなーと漠然とした不安に襲われる」

と胸の内を明かした。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「仕事は年々難しくなるが、給料が上がることはない」

手取りが少なくても、勤務時間が短かったり仕事の内容が簡単だったりすれば、ある程度は納得できるかもしれない。しかし女性は、

「仕事は年々難しくなるが、それをこなしたとしても給料が上がることはないし、社員のような賞与もない。仕事へのモチベーションは高いほうだけど、ふと何のために頑張ってるのかわからなくなるときがある」

と本音を綴る。女性の働きが認められ正社員登用されれば、賞与が出て多少生活もラクになるのだろうか。

「調剤薬局の事務。薬剤師との扱いの差がやばい」

都内に住む30代前半の女性(正社員/未婚)は、調剤薬局で事務の仕事をしている。年収およそ300万円、手取りにして14万5000円で生計を立てる女性だが、

「(手取りは)かなり少ないと思います。たしかに国家資格はありませんが薬剤師との扱いの差がやばい。普通のOLさんと同じような事務作業なのに、19時以降も働いているのに、この金額。都内1人暮らしでボロアパートじゃないと家賃払えません。将来このまま独身で働いたとしたら生活保護確実かなと思っています。人付き合いでごはんに行く余裕もない」

と不満をもらした。

経済的に豊かであれば自由気ままに楽しめそうな独身生活。ただ、手取り20万円以下の苦しい状況では、なかなか満喫する余裕もないようだ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ