手取り15.5万円、夫から「社員でそれしかもえらないの?」と不思議がられている女性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

手取り15.5万円、夫から「社員でそれしかもえらないの?」と不思議がられている女性

画像はイメージ

いくら職場環境が良くても、給料に対する不満があれば転職の動機になり得る。サービス系の会社で契約社員として働く30代後半の女性(大阪府/既婚/子ども2人)は、

「手取り15万5000円です。正直少ないと思っています。ですが勤務時間や日数もほかのところはより短く、少ないという理由を強く押して言われるので、渋々その金額で頑張っています。 私以外の職員にも同じような言い回しで待遇もいまいち。働きやすさに関しては申し分ないのですが、もう少し職員全員に対して還元してほしいです」

と本音を綴った。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「ボーナスは寸志程度」アルバイトのときと比較してしまう

女性は「何の取り柄もない自分を、アルバイトから社員にさせてもらって感謝はしています」と前置きしつつ、

「私は共働きでおもな生活費は主人が持ってくれていますが、主人にすら『社員でそれくらいしかもえらないの?』と不思議がられています」 「(十分な)ボーナスはなく寸志程度で、アルバイトのときの2倍の金額しかもらえません。これはわがままでしょうか」

と不満を噴出させる。さらに、

「子どもの進学もあり、リアルにお金が必要になるので、転職も視野に入れて常に求人サイトを見ています」

と気持ちが転職に傾きつつあることを明かした。

子どもの進学を見据え、より給料の高い会社への転職を考えるのはよくあるパターンなのかもしれない。

IT・通信系の会社に勤める30代後半の女性(埼玉県/正社員/既婚/子ども1人)も、

「手取り17万8000円。給与明細を見るたびに悲しくなりますね。副業もできない規程ですし、毎年昇給はありますが数千円程度です。今の会社は好きですが、子どももいるしこのままの給料ではやっていけないので転職をしようと動いています」

と背に腹は代えられない事情を綴っていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ