手取り18万円で「大好きだったタバコとパチンコもやめました」と語る30代子持ち男性の嘆き | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

手取り18万円で「大好きだったタバコとパチンコもやめました」と語る30代子持ち男性の嘆き

画像はイメージ

「(手取りについて)どう感じているか、少ない!ですね。手取り18万円からローン、光熱費、子ども2人分の学資保険、車2台の維持費、携帯代、食費などで手元に何もないですね(笑)」

こう語るのは、サービス系の会社で働く30代後半の男性(愛知県/正社員/既婚/年収250万円)だ。「嫁は内職で月4000~5000円の稼ぎがあります」と明かすが、家計に余裕はないのだろう、

「大好きだったタバコとパチンコもやめました。やめた当初は夢でもパチンコ打ってました」

と嘆く。お金の使い道が子ども優先になるのは仕方ないとはいえ、哀愁漂う投稿には何とも言えない気持ちにさせられる。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

休憩なしの激務で「手取り15万9000円、パンを焦がすと自腹で弁償」

「日本のなかでも尊敬される、有名なパン屋で働いています」という30代後半の女性(静岡県/正社員/既婚)も、「手取り15万9000円。すごく少なく感じています」と不満をもらす。しかも、その職場環境はかなりブラックだ。

「朝の5時出勤でも早朝手当も出ません。ボーナスもありません」

「トイレに行く時間もなく休憩できる状態ではないので、オーナーに『休憩はいらないでしょ』と言われます。約2年働いて休憩をしたことはありません。また、パンを焦がしたりすれば自腹で弁償します。こんな状態では出費のほうが多いです」

ほかから尊敬されるほどおいしいパン屋だとしても、その裏で激務・薄給に耐えている人がいるとなれば、消費者としては食べる気も失せてしまう。オーナーは早急に、休憩時間を設ける・自腹での弁償をなくすなど、最低限の労働環境改善に動いてもらいたい。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ