派遣社員の不満 労基法違反を指摘したら「あなたには二度と仕事を紹介しません」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

派遣社員の不満 労基法違反を指摘したら「あなたには二度と仕事を紹介しません」

事実がバレたら契約終了になる

同一労働同一賃金が導入されたものの、正社員と派遣社員では依然として待遇に差がある。キャリコネニュースには、派遣社員として働いている読者からさまざまな声が寄せられている。

奈良県の50代女性(年収250万円)の派遣先は、「名前だけ聞けばみんなが知っている」という有名企業。テレビでもCMが流れるほどの大企業だ。しかし女性はその派遣先で理不尽な目に遭い、「契約終了になってしまった」と明かす。(文:コティマム)

「詳しい説明がないまま契約途中で別部署と再契約させられました」

女性は「会社都合により、契約の途中で別部門の部署と再契約させられました。詳しい説明はありませんでした」と証言する。

新しい部署の仕事は、産休に入った正社員の代替要員だった。つまり女性の雇用期間は、社員が産休・育休から戻ってくるまで。そして、この事実を女性が知った途端、派遣先から契約終了を告げられた。

「事実がバレたら契約終了になるっておかしくないでしょうか。派遣会社は次の人員を送り込む予定があるため、深く関わりたくないようです」

また東京都の50代女性(年収150万円)は、社会保険制度について不満を抱く。社会保険は雇用形態に関係なく、一定の条件を満たせば加入できる。女性も加入しているのだが……。

「契約期間満了で退職し、同じ派遣会社の紹介で仕事が決まっても、契約内容によってはすぐに社会保険に加入できない。2か月後の加入となると一旦保険証を返却しなければならない。社会保険に加入できる法改正はありがたいが、同じ派遣会社から給与が支給されているにもかかわらず、一旦加入が切れるのは疑問に感じます」

万が一のことを考えると、社会保険未加入の期間ができてしまうのは心配だ。

労基に相談しても「不勉強なもんでよくわからない」

派遣会社に不信感を抱く人もいる。茨城県の40代女性(年収250万円)は、過去に所属していた派遣会社の不満を明かした。

「以前いた派遣会社は、労働基準法も派遣法も無視。指摘したところ、就業が内定していたにもかかわらず白紙に戻され、『あなたには二度と仕事を紹介しません』と言われた。労働基準監督署に伝えたが、担当者は『私、派遣法は不勉強なもんでよくわからないんですよね』とまるでやる気のない対応をされた」

問題を指摘されたことを理由に仕事を紹介しないとは、ありえない対応の派遣会社だ。派遣社員は自分のライフスタイルに合わせて働けるのが魅力だが、派遣会社選びは慎重に行ったほうがいいだろう。?

※キャリコネニュースでは引き続き派遣社員の不満のほか「夏のボーナスいくらですか?」オンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ