営業職を半年で辞めた新卒女性 「部署で女性は一人だけ。セクハラ発言をやめてほしいと伝えると……」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

営業職を半年で辞めた新卒女性 「部署で女性は一人だけ。セクハラ発言をやめてほしいと伝えると……」

画像はイメージ

「新卒で入った会社を”すぐ辞める”のは、いかがなものか」――というのは正論だが、無理して耐えてはいけない環境もある。キャリコネニュースのアンケートに、新卒入社した会社を「半年で辞めた」という女性(長崎県/30代後半)から、こんな経験談が届いた。

配属されたのは「営業部の中でも全く新しい商材を新しいルートに設置してもらう部署」で、女性のほかには30代半ばの男性が2人。

「そのうち1人は、出身大学が同じなので『可愛がってやろう』と直接言う熱い人でした」

と女性は振り返る。(文:okei)

※キャリコネニュースでは引き続きアンケート「仕事を即行でやめた人」を実施しています。回答ページはこちら https://questant.jp/q/HF78WM9H

「皆帰社が遅く、喫煙所で報告等するのは21時を回りました」

女性は「社会人としても営業職としてもスキルも知識もなかったのに1週間もない研修後に1人で飛び込み営業開始」したという。

「分からないことは先輩に聞けと言われていましたが、皆帰社が遅く、喫煙所で報告等するのは21時を回りました。その後は説教なのか武勇伝なのかよく分からない話が1時間以上あり、翌日は7時から社長の武勇伝を聞くために出社。正直論理的でない話はメモをとる内容もありませんでした」

女性は内心呆れながらも、男性中心の部署になじもうと苦心したようだ。「営業全体でも女性は1人だったので、どんな話にもノリ良く行こうと」していたが、やがて耐え切れなくなった。

「相手は冗談のつもりのセクハラ発言が積もりに積もって受け止めきれなくなり、正直にやめてほしいと伝えると、『お前は話のわかるやつだと思ったのに』との返答」

それ以降は、先輩からの当たりが強くなったという。

「『これまで自分が他社で育ててきた後輩は皆立派になったのに、お前だけはダメだ。誰が悪いんだ?』→『私が悪いんです……』と詰められるようになり、徐々に病んで何の為に生きているのか分からなくなりました」

「辞めるまでは全部無能な自分が悪いんだと思っていました」

「結局、失業保険の出る6か月までは我慢して退職。自分は社会不適合者だと思い込んで次の就職まで1年くらいかかりました」

と明かす女性。苦悩の中で退職や再就職に励んだようだが、冷静に考えれば「部署は違えど新卒同期は全員で5人いたのに、半年で辞めた私は退職3人目だった」という。

「ちょっと考えればおかしな話なんですけどね。一族経営の宗教染みたおかしな会社だったので、辞めるまでは全部無能な自分が悪いんだと思っていました」

後日談として、「私の辞める原因となった先輩は優秀な営業成績でその会社を牽引する存在でしたが、その後クビになったと聞きました。社長の息子に嫌われたからだとか何とかで、理不尽な理由でした」と明かした。

退職については「満足です」として、

「新卒だからこそ教えてもらえた事をふいにしてしまったのは後悔がありますが、あのままいたら精神をやられていた可能性があります。 自分が自分でなくなる感覚はあの会社で初めて味わいましたが、そんなことまで(耐えて)働かなくてもいいと、今は伸び伸び生きています」

と近況を報告した。女性は現在、正社員の営業職として年収800万円で働いている。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ